TOP > 社会・経済 > わたしはマララ

わたしはマララ

教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

ジャンル 社会・経済 中東・イスラム時事

書名カナ ワタシ ワ マララ

著者名カナ ユスフザイ,マララ

発行年月 2013年12月

サイズ  四六判  / 高さ  20 cm

ページ 429

ISBN 9784054058460 (4054058469)

C-CODE 0098

マララ・ユスフザイ クリスティーナ・ラム 金原 瑞人 学研パブリッシング 中東・イスラム時事 2013年12月

1,728円(1,600円+税)

店舗在庫を見る(ご希望の地域を選択してください)

内容紹介

女性が教育を受ける権利を訴えて、イスラム武装勢力に銃撃された16歳の少女マララの手記。幼少期から、タリバンの台頭による混乱、銃撃事件とその後までを綴る。国連本部でのスピーチも収録。
(TRC MARC)

ご注文はこちらから

1,728円
送料無料

在庫有り
翌日発送予定(ネットストア在庫)
在庫・納期の
目安について

個数:

店舗在庫の
取り置き

書店員レビュー

丸善&ジュンク堂 ネットストア
すべての子どもに平等な教育を
facebookレビュー さん
マララは「すべての子どもに平等な教育を」と声高に訴え、女性の教育を認めないタリバンの武装グループに十五歳の時銃撃されたパキスタンの少女である。
多くの級友たちが国を出て、あるいは学校へ通うことをやめる中、マララは学校を運営する父と共に、子どもの教育を受ける権利を主張し続けた。彼女の主張は全世界から注目を集め、昨年ノーベル平和賞の史上最年少候補ともなる。本書は、マララのこれまでの激動の人生を綴る、注目の一冊である。現在世界二十四カ国 でも翻訳されている。
投稿日 2014年02月06日

この商品を見た人は、こんな商品も見ています

 
カート

現在、カートに商品はありません